ビデオポーカーは、オンラインカジノの大部分でますます人気を博しています。ビデオポーカーのバージョンごとに、それぞれ異なる賞金表が示されています。賭け金となる「コインの額面」については、5円から500円まで選択できます。

 
ビデオポーカーのプレイ方法を学ぶ

 

ビデオポーカーの目的は従来のビデオポーカーのものと同じで、つまりプレイする各バージョンの賞金表を考慮しながら5枚のカードの手で賞金を得るというものです。簡単に説明するために、「J以上」バージョンの例を説明しましょう。

 

各バージョンごとに異なった賞金表が示されていることを思い出してください。ビデオポーカーの「J以上」バージョンでは、賞金対象となるのは最低でもJのワンペア以上(J、Q、K、A)です。

 

プレイを始める前に、5円、10円、25円、50円、100円、200円および500円の中からご希望の賭け金を「コインの額面」として選ぶ必要があります。その後すぐに、最高5回まで「1枚賭ける」ボタンをクリックして賭けるコインの数を選択してください。コインの数を減らすには、クリックをさらに続ければ十分です。1回で最大数(5つ)のコインを賭ける場合には、「最大額を賭ける」ボタンを押すだけで結構です。「最大額を賭ける」ボタンをクリックすると、自動的にゲームが始まります。賭けるコインの数を選択する上で「1枚賭ける」ボタンを使う場合には、「賭ける」ボタンを押さないとゲームが始まりません。

 

「賭ける」をクリックすると、3つの手で同じ5枚のカードが配られます。配られたあとで、手元に残しておくカードをクリックしてください。クリックされたカードは「残す」サインで表示され、3つの手で残されます。残す枚数は0枚から5枚の間です。「残す」のを希望するカードを選択したあとで、「引く」ボタンをクリックしてください。「引く」ボタンをクリックすると、選択されなかったカードは新しいものと交換されます。従来のビデオポーカーと違う点は、このビデオポーカーでは「引く」をクリックすると3つの手でそれぞれ別のカードが配られる点です。

 

この動作で大切なことは、よい手にすることです。役に立たないカードを交換することで、結果を改善することができます。賞金表がカードの隣に表示されており、よりよい意思決定の参考になります。